Softbankも月間20GBのデータ量で月額2,980円の新プラン提供へ

先日発表されたNTT DOCOMOの新プラン”ahamo”に対抗すべく、Softbankも料金引き下げに関する新プランの提供を2021年3月にも展開するという情報が2020年12月21日に発表となりました。

Softbankの新プランはLINEモバイルを活用したものになる?

docomoのahamoのように、何かしらの名称(パッケージ)がついていないことに違和感がありました、それもそのはず、MVNOとしてのサービスを展開している、Softbank傘下の『LINEモバイル』を活用した上での『20GBコース2,980円/月』となるのではないか?ということ。

LINEモバイルとSoftbank傘下のZHD(Zホールディングス)が統合する計画が予定されており、上述したプラン提供を円滑に進めていく考えがおありのようだ。

だったらLINEモバイルで良くない??という疑問

筆者はLINEモバイルユーザー歴がちょうど1年程度になります。Softbank回線の利用がしたく、かと言って高額な利用料は支払いたくもありませんでしたので、当然の流れでSoftbankのMVNOであるLINEモバイルが選択肢にあがりました(他にもSoftbank回線利用可能なMVNOはいくつもありますが)。

なんと言っても、月間1GBのコースでの提供がある、ということがLINEモバイルの最大の決めてであると個人的には魅力的でした(Wi-Fi環境がいくつもあるので月間1GBでも余るくらい)。

「でも、MVNO、格安SIMってオンラインで、自分で手続きをするんでしょ…?めんどくらいし、よくわからない」という声も聞こえて来そうですが、今回のSoftbankの2,980円/月のプランの契約もオンラインでの手続きが必須となっています。ここも含めて、docomoとかなり類似性のある新プランとなっているようです。

Softbank回線が望ましいというユーザーで、月間20GBというデータ量が必要であるという人は、2021年3月提供予定の新プランにオンラインにて契約をなさるのも良いだろうと思われます。実際、20GBで2,980円の利用料というのは、ここ数年定着していた格安SIM業界の水準と比較しても破格です(月間3GBでも1,600円前後が相場ですからね…)

20GBも必要ではない、しかしSoftbank回線の利用からは離れたくない、というユーザーは、この機会にそもそもお安く提供しているLINEモバイルでの契約を検討してみる、というのも悪くはないと感じました。

docomo、au、Softbankと3キャリアの新プランが出揃った形に

かねてからあった総務省からの指摘により、2020年の12月にいよいよ大手3キャリアの料金引き下げに関する新プランの道筋が出来上がった形になりました。武田総務大臣がこれでご納得しているのかどうかはわかりませんが…

docomo:https://iphone-customerservice.com/report-problem/

au:https://iphone-customerservice.com/au20201209/

ガラケーの時代から、そもそも半数以上のシェアを占めているdocomoですが、今後もやはりdocomoリードが予測されるような状態と感じざるを得ません。

auと子会社であるUQモバイルを含めて、あっと驚くような新プランの登場を期待したいところですが…

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です